九州一周の旅 大分

2011年10月7日
敷戸石仏の南側に上野丘陵がある。この丘陵の西端に大分市美術館がある。
私が見たかった「上野遺跡群」は、この美術館の敷地内にあるのだ。
象の銅像が立っていて、すごく目立つ。
上野遺跡群
弥生時代中期後半(1世紀頃)の遺跡で、その中で代表されるのが、四方の隅が丸く周囲に溝をめぐらした遺構である。隅方形周溝遺構と呼ばれる。規模は長軸10m、短軸7m、この中に6m×3.5mの建物が発見されている。周溝からは鉢形、壺形、甕形などの各種土器が発見されているが、生活痕が見当たらないことから、ここで祭祀が行われていたものと思われている。

大分市美術館
遺跡のすぐそばにある美術館
BACK 曲石仏

NEXT 伽藍石仏
BACK 九州一周の旅




総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介




メール