九州一周の旅 大分
2011年10月7日
上野遺跡群から歩いて10分ほどで伽藍石仏に着く。
伽藍石仏は3つの石窟に彫られた小石仏である。

左端の岩窟、龕があるは中には何もない

何もない龕の前に置かれた石仏、荒神だろうか
中央の石窟の阿弥陀如来坐像
光背を彫り窪めた中から仏身を厚く彫り出している。
この彫法は鎌倉時代以降の豊後独特の手法といわれる。


右窟の阿弥陀三尊像、でも脇侍の観音・勢至菩薩は見あたらないのだが…

阿弥陀如来坐像

岩窟の外に彫られた多聞天、でも、武神像には見えない
BACK 上野遺跡群

NEXT 金剛宝戒寺
BACK 九州一周の旅




総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介




メール