九州一周の旅 大分

2011年10月7日
円寿寺からいったん引返して、岩屋寺石仏の前の交差点を東に向かう。
JR久大線の踏切をを渡ると大分元町石仏がある。


立派なお堂の中には薬師如来とその左右に不動明王・毘沙門天。
お堂の右の覆い堂には、すっかり風化して仏の名前も判別不明の石仏群


本尊の薬師如来
←砂岩質の凝灰岩に彫られていて、ほとんど丸彫りである。高さは5.15m。定朝様式の見事な作風で、11世紀中ごろの製作と推定されている。

本尊左に立つ不動明王三尊
薬師如来のお堂の右にある覆い堂の中の石仏
BACK 円寿寺

NEXT 大臣塚
BACK 九州一周の旅




総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介




メール