九州一周の旅 大分

2011年10月7日
岩屋寺石仏の前の広い道を北上して、左折して坂を上ると円寿寺に着く。
この寺は大友氏の崇敬があつく、5代貞親が嘉元3年(1305)に比叡山から道勇和尚を招いて中興の祖としたのである。
さらに、6代貞宗が徳治2年(1307)に古国府から現在の地に移して、総社山円寿寺と名づけたのだ。


円寿寺のそばにあった六坊の歴史遺跡
享保時代の建立という六地蔵の石塔

←円寿寺の山門

県有形文化財
紙本着色厩図六曲屏風


本堂

藩主日根野吉明公御廟
釘を一本も使っていないという

鎌倉期の宝塔→
元応元年の建立という
BACK 岩屋寺石仏

NEXT 元町石仏
BACK 九州一周の旅




総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介




メール