有峰口→富山地方鉄道→富山→北陸本線→糸魚川→大糸線→南小谷→大糸線→松本

私は鉄道が好きである。最近はネットで鉄道の時間をアンチョクに調べているが、昔は時刻表をくくるのが楽しみだったのだ。今回は富山地方鉄道・北陸本線・大糸線と乗り継いで松本までの鉄道の旅である。各駅停車の旅って本当に楽しくて、新幹線や特急を使う気がしれないのだ。


BACK 薬師峠から折立へ

2008年8月16日

有峰駅には
845分に着いた。すぐに電車の接続がある。この駅には昔泊まったことがある。ものすごく古い駅舎で、無人である。バスの車掌が改札で整理券を配っていた。
ホームにあがって少し待つと黄色と緑に塗られた電車がやってきた。最初にやってきたのが立山行きで、次に富山行きがやってきた。
電車にゆられて行く。途中、岩峅寺駅で線路は魚津方面と富山方面に分岐する。ここで少し待ち時間があった。
富山駅に着いたのは105分であった。大急ぎで緑の窓口に行って時刻表をくくった。富山発25分がある。これに乗って今日中に仙台に着けるかどうか調べたら、福島着が233分で、あとは明日まで待たなければいけないのだ。
それだったら、今日は松本まで行って、昔、松本にいたときの友人に会うことにした。
携帯で電話したら、一緒に酒を飲もうということになったので、松本に向かうことにした。
糸魚川に着いたのは1136分、ここでは1時間40分ほどの待ち時間があるので、外に出てみることにした。駅のホームには大きなヒスイの原石が置かれていた。駅の右に  があって、そこの観光案内所で、銭湯がないか訊いたらあることはあるのだが、14時でないと開かないのだそうだ。風呂はあきらめるしかない。
駅らまっすぐに海に向かってみた。商店街のアーケードの下に奴奈川姫の銅像があった。国道沿いの公園まで行って引き返した。
13時頃列車に乗り込んだ。大糸線の南小谷に向かうこの電車は2両編成で、車両の色が違っていた。先頭車両は濃いオレンジ色である。発車は1318分なのので、ホームをうろついたら、赤煉瓦のいかにも歴史を感じさせる保全胸があった。さらに、隣のホームを見たら濃いグリーンに黄色の線の入った列車が止まっていた。よく見たらこれはトワイライトエクスプレスの車両であった。大阪と札幌を結ぶ豪華寝台列車である。ホテルと同じようなスウィートルームもあって、本格的なフランス料理を味わうこともできるのだ。なお、上野と札幌を結ぶ寝台特急が北斗星である。
けっこう感動しながら眺めてしまった。
糸魚川から南小谷までは1時間ほどである。せまい渓谷に沿って列車は走って行く。驚いたことに線路沿いではカメラを構えている人をちらほら見た。大糸線の列車を撮影しているのだ。
南小谷到着は1418分、まわりには何もないのだが、ここで50分も待たなければいけないのだ。もちろん特急列車はちゃんと接続しているのだが、各駅停車を乗り継ごうと思うとこういうことになるのだ。
駅の外に出て散歩したが、本当になにもなくて時間をもてあましてしまった。この南小谷の近くには塩の道があるのだ。でも、50分しかないのだから、その入り口までも行くことはできない。
南小谷からは松本行きで、途中で乗り換える必要はないのだ。白馬を通過するころにはすごい雨になった。やっぱり天気予報は間違っていなかったのだ。下山してよかったと思った。
松本に着いたのは171分、酒を飲む時間を遅らせてもらって、まず風呂に行くことにした。駅前の交番で訊いてスーパー銭湯に行った。久しぶりに友達に会うのに、1週間も風呂に入らない状態では私も気がひけてしまう。
風呂でゆっくり汗を流したのだが、風呂から出たら小雨であった。
その夜は酒を飲んで旧交を暖めた。久しぶりに飲んだ生ビールはすごくうまかった。


BACK 鉄道の旅


有峰口駅


有峰口から谷川沿いに走る


富山地方鉄道の車両


富山から糸魚川行きに乗る


糸魚川発南小谷行き先頭車両


南小谷発松本行き


松本駅





総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介

















広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー