もことやま

標高 1000m
この山にはわずか1時間ほどで登れてしまう。それでも私はこの山が好きだ。
山頂からの屈斜路湖の眺めがすばらしいのだ。美幌峠からの展望もいいのだが、私はここからの眺めのほうが上だと思っている。
山頂三角点

BACK 礼文岳


2004714

稚内から釧路に向かっている。
この距離はめちゃくちゃに遠い。途中、ピヤシリ岳に登るつもりで、登山口まで行ったのだが、林道のゲートが閉まっていて、諦めることにした。
ただ、この林道のゲートは上川北部森林管理所に行ったら、鍵のナンバーを知ることができて開けることは可能なのだ。営林署は24時間あいているのだそうだ。
さて、しかたがないので屈斜路湖の近くにある藻琴山に登ることにした。
この山は往復で2時間足らずで登ることができる。
車を走らせて行くと、登山口の標識があったので、そこに車を乗り入れてどんどん走って行く。
突き当たったところに広い駐車スペースがあって、トイレもあった。
ここから登ることにした。(ところが、この登山口は私の予定していた登山口ではなかったのだ。)
まず、砂利の林道を30分ほど歩く。この区間は車でも入っていけそうなのだが、自然保護のために…という看板があったので歩いたのである。これくらい歩かないと、すぐに山頂に着いてしまいそうなのだ。
本当の登山道になって、樹林の中の道を行く。
すぐに山頂直下の広場に着いた。賑やかである。
中学生の団体が登山にきていたのだ。
ここに来て初めて、この藻琴山は屈斜路湖の展望台になっていることに気が付いた。山頂に登る。
そこには三脚をたてた人がいて、カメラを構えていた。
この山頂からみる屈斜路湖はすばらしかった。屈斜路湖の展望は美幌峠が有名なのだが、この藻琴山からの展望はそれよりも遥かにすごいのではないかと思ってしまった。
屈斜路湖の展望を十分楽しんで来た道を引き返した。


NEXT 摩周岳

BACK 私の北海道の山百選

ここに車を置いた


林道を歩いてゆく


銀嶺荘、ようやく登山道になる


林の中を行く




総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介













広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー