九州一周の旅 臼杵

2011年10月8日
臼杵城から鐙坂を下って、石橋を渡ると臼杵の城下町である。
橋からまっすぐに西に歩いて行くと稲葉家下屋敷があった。もちろん、観光してゆく。

臼杵城の古橋口からまっすぐに西に歩いてゆく。振り返ると大門櫓と畳櫓が聳えていた

稲葉家下屋敷が見えてきた
稲葉家下屋敷は15代臼杵藩主稲葉久通の長男順通が廃藩置県後帰郷したおりの屋敷とするために、明治35年(1902)に建てたものである。


塀に沿った水路では鯉が泳いでいた
御門
重厚な切妻造り桟瓦葺の薬医門造り
「旧臼杵藩主稲葉家下屋敷」という木札がかかっていた。


重厚な造りの玄関

BACK 臼杵城 鐙坂

NEXT 臼杵城下 八坂神社
BACK 九州一周の旅




総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介




メール