関東の旅
東武ワールドスクウェア

エジプトゾーンには大きな砂丘が設けられていて、そこに三大ピラミッドが並んでいる。砂丘の上には駱駝のキャラバンを見ることができる。
工事中のスフィンクスの精密さもすごいのだが、圧巻なのはアブ・シンベル大神殿である。この遺跡の保護活動から世界遺産が創設されたのである。


BACK アメリカゾーン

2011年6月2日
アメリカゾーンの先にはエジプトゾーンがある。歩いて行くと大きな砂丘があって(…といっても本当の砂ではないのだが)、その麓にギザの三大ピラミッド、メンカウラー王・カフラー王・クフ王のピラミッドが並んでいる。カフラー王のピラミッドの前にはスフィンクスがあって、そこに付随する調査・工事の人形が本当にリアルである。

砂丘を見あげると、駱駝のキャラバンが隊列を組んで歩いていて、驚いたことにエッフェル塔の先端が覗いていた。
ピラミッド群の先には「アブ・シンベル大神殿」がある。ナイル川のアスワン・ハイ・ダムの建設計画によって、この遺跡は水没の危機に直面したのだが、ユネスコによる大移築工事が敢行されたのだ。この工事がきっかけで「世界遺産」が創設されることになったのである。


スフィンクス


砂丘のキャラバン

 ピラミッドとスフィンクス

アブ・シンベル大神殿

NEXT 東武ワールドスクウェア ギリシャ・イタリア

BACK 関東の旅



総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介
















広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー