北海道の旅 2011年 


広尾にはかって鉄道が走っていた。帯広からこの広尾まで84kmの広尾線なのだが、今は駅舎が残るだけなのだ。駅には広尾線のメモリアルコーナーがあって、広尾線各駅のスタンプがおいてあった。広尾線には、あの有名な「幸福の駅」もあったのだ。うれしいくて、ここでかなりの時間をついやしてしまった。
広尾にはノルウェー公式認定のサンタランドがあるので寄ってみた。子供たちがサンタに出した手紙はすべて、ここに集まるらしい。


 広尾線広尾駅
広尾駅


広尾線の展示室

BACK 黄金道路を行く

2011年6月30日

広尾に着いたのは
945分。駅があるので、寄ってみた。ところが、すでに鉄道は廃線になっているのだ。広尾線にはあの有名な幸福の駅もあるのだ。愛国から幸福行きというのは一世を風靡したものなのだが…。
駅の改札の上にかかっている時刻表をみたら、帯広行きは
1日に6本だけで、956分から1625分の日中は走っていないのだった。これでは廃線になるわけである。
駅には広尾線の歴史の展示があった。私は鉄道が好きなので、じっくりと観てしまった。

駅に隣接して、鉄道公園もあった。


 広尾線各駅のスタンプ

 サンタランド
サンタのお部屋


サンタランドのスタンプ


広尾でぜひ立ち寄りたいところがある。サンタランドである。

広尾のサンタランドはノルウェーのオスロ市から認定された国外初、日本唯一のサンタランドなのだ。広尾町の海洋水族科学館とノルウェーベルン市の国立水族館と姉妹提携をしたことが縁でサンタランドが招致できたらしい。12月になったら賑わうのかもしれないが、ほとんど人に会わなかった…。


NEXT 忠類から白糠へ

BACK 2001年北海道一周の旅

BACK 北海道の旅





総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介



































広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー