北海道の旅 2011年 

麓郷めぐりを終えて中富良野へやってきた。
ここでも美しい花園を見ることがでる。
国道からもよく見える「町営ラベンダー園」、そしてその裏側にある「彩香の里」。鮮やかに咲き誇る花々の間をのんびり散策して、大満足。
これで、富良野を後にしたが、途中、北の国からの始まりの地、布部駅にも立ち寄った。



 中富良野町営ラベンダー園


町営ラベンダー園

BACK 北の国からをめぐる 2

2011年7月13日

国道を横切ってJR線を渡って、中富良野の「町営ラベンダー園」についた。町のシンボルの北星山の斜面いっぱいにお花畑が広がっている。山頂に向かってはリフトも設置されているのだ。
ここもラベンダーの満開には少し早かったが、それでも、けっこう花がきれいであった。
このラベンダー園の隣には新しくフラワーパークができていた。中富良野町開基100年に合わせた公園である。ここのベンチで少し休憩。


 彩香の里 佐々木ファーム


彩香の里の山頂

ラベンダー園の裏にある「彩香の里」にも立ち寄った。6ヘクタールの広大な丘の斜面に、色さまざまの花が咲き誇っている。
このお花畑の中をのんびりと散策。
斜面を上りきったところには展望台があって、ここから富良野盆地と十勝連峰を眺めることができて、南を望むと芦別岳の急峻な峰を見ることができた。絶景である。




 ふらのワインハウスから布部駅へ
ふらのワインハウス


JR布部駅


彩香の里から山側の道を南に走ってゆくと、「ふらのワインハウス」に着いた。中を見学した。

これで富良野の観光はおしまいである。国道に出て、これを走ってゆくと、布部駅のすぐそばを通る。せっかくなので、駅に立ち寄った。北の国からのドラマは、黒岩五郎の家族がこの布部駅に着くとこらから始まるのだ。駅舎の前には「北の国 此処に始まる」という倉本聡筆の看板があった。

あとは国道38号線をひたすら走って、道の駅みなみふらのに着いたのは1520分であった。今日はここで車中泊。


NEXT 本別から白糠へ

BACK 北海道一周の旅

BACK 北海道の旅





総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介


















広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー