北海道の旅 2011年 

道の駅で富良野のガイドブックを手にいれたのだが、それは上富良野・中富良野・富良野と三つもあった。これに従って、ていねいに富良野を観光しようと思う。
その中で、上富良野には「かみふらの八景」というビューポイントがあることがわかった。
富良野には何度も訪れているのだが、かみふらの八景をまわったことはない。
せっかくなので、この八景をじっくりと巡ってみることにした。



 上富良野駅から日の出公園へ
上富良野の駐車場


上富良野駅


日の出公園駐車場


かみふらの八景の標識

BACK 美瑛南東部

2011712

昨日は深山峠を越えて上富良野までやってきた。この付近に道の駅はないので、どこに泊まろうかと悩んだのだが、上富良野駅からまっすぐに日の出公園に向かう道沿いに50台ほど停まれる駐車場があった。助かった。
今日は「上富良野八景」を巡るつもりである。上富良野八景というのは
 1ジェットコースターの道
  2深山峠
 3千望峠
 4パノラマロード江花
 5日の出ラベンダー園
 6和田草原とどんぐりの郷
 7旭野やまびこ高地
 8十勝岳温泉郷
である。
自転車でまわろうかとも思ったのだが、けっこう距離があってアップダウンも激しいので、車で行くことにした。
今朝はまず上富良野駅に行った。まだ5時だったので、駅の構内に入ることもできた。
駅からは、日の出公園に向かった。
広い駐車場があって、ここに泊まってもよかったか…と思った。
駐車場から山頂に向かって坂を上って行く。道の両側は花壇になっているののだが、あまり花は咲いていなかった。2008年に来たときは、色鮮やかな花々でいっぱいだったのだが…。
 2008年 上富良野
ツタがからまるトンネルを抜けると、「ラベンダー発祥の地」の記念碑があって、少し上ると展望台の広場に着く。この山全体はラベンダーの花で覆われているはずなのだが、その紫の花はほとんど見えなかった。ラベンダーの開花には早かったらしい。



 旭野やまびこ高地と和田草原
旭野やまびこ高地


和田草原付近


日の出公園から東に車を走らせて、「旭野やまびこ高地」へ向かった。畑地の中に八景の標識があった。ここからは十勝連峰を間近に眺めることができるらしいのだが、雲がかかっていて、その絶景を見ることはできなかった。

引き返してラベンダーロードに出る。この道を山に向かって走ってゆくと「十勝岳温泉郷」に着くのだが、これは省略してしまった。昔、十勝岳に登ったときに訪れていて、たいしたことはなかったからだ。
ラベンダーロードを西に走ってゆくと、この途中に「和田草原とどんぐりの郷」があるのだが、その標識を見つけることはできなかった。でも、和田草原らしき眺めは確認できた。




 パノラマロード江花と千望峠
パノラマロード江花


千望峠


JR線路を渡って国道
237号線に出ると、そこには大きな観音像が立っている。
国道を横切って、さらに西に向かって車を走らせると「パノラマロード江花」の入口があった。この標識から1.4km走ると八景の標識の前に着いた。この間の道も、すばらしい丘陵の展望が楽しめるのだった。
八景の標識からは、真っ直ぐな道が富良野盆地に向かって続いているのをみることができる。絶景である。
引き返して、県道(北海道だから道道か)を西に向かうと「千望峠」駐車公園に着いた。ここからは上富良野市街と十勝岳連峰が一望できる。でも、逆光で写真はうまく撮れなかった。
丘陵の眺めはすばらしい。本当に、美瑛・富良野はどこもが撮影ビューポイントなのだ。




 ジェットコースターの道から深山峠へ
ここからジェットコースターの道


深山峠のトリックアート館


千望峠からは「ジェットコースターの道」に向かった。

波打つ丘陵の中を道が真っ直ぐに伸びている。いかにも北海道らしい眺めである。
このジェットコースターの道を、アップダウンを繰り返して走ってゆくのだが、何度も車を停めて写真を撮ってしまった。
ジェットコースターの道は国道にぶつかって、これを南に走ると「深山峠」である。峠には観光施設がいっぱいで、観覧車やトリックアート館もあるのだ。
これで「かみふらの八景」めぐりは終えて、富田ファームに向かう。


NEXT ファーム富田

BACK 北海道一周の旅

BACK 北海道の旅





総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介



























広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー