北海道の旅 2011年 

南富良野から車を走らせて、本別に立ち寄った。雨なので観光するつもりはなかったのだが、本別の道の駅に寄ったら、近くに義経の館があることを知った。北海道には義経伝説がたくさん残されているのだ。
本別公園の義経の館に行ったが、展示物に興味をひくものはあまりなかった。すぐそばに義経と弁慶の像があったが、ひどく稚拙なもので、がっかり。
本別から車を走らせて、釧路に向かう。途中、廃線になった白糠線の跡を眺めながら車を走らせた。



 本別
旧本別駅


NEXT 中富良野から布部へ

2011714

今日は雨である。
道の駅南ふらのから車を走らせていたが、国道38号線をただ走ってゆくのはつまらないので、県道に入って本別までやってきた。
本別には「道の駅ステラほんべつ」があるので立ち寄った。ここにはすでに廃線になった池北線の本別駅があったのだ。今はその駅舎が残っている。
道の駅から少し車を走らせて「義経の館」に向かった。
義経は平泉で亡くなったのだが、実はそれは影武者で、北海道に渡ったという伝説があるのだ。さらに北海道から中国に渡ってジンギスカンになったという伝説もあるが…。
敷地内には義経と弁慶の像がたっていた。



 旧白糠線


旧白糠線


本別から国道
392号線を走って白糠に向かった。この道沿いには、かっての白糠線の跡が残っている。白糠線は白糠から上茶路(北進駅)までの路線で、昭和39年に開設されたが、昭和53年に廃線となっている。この線路跡、鉄橋跡に寄り道しながら車を走らせた。私は鉄道ファンでもあるので、こうした廃線の跡を訪ねるのが大好きなのだ。
この日は「道の駅しらぬか恋問」に泊まった。
しばらく雨が続くので、釧路で温泉に入ったりしてのんびりするつもりだ。


NEXT 釧路 啄木の道 1

BACK 北海道一周の旅

BACK 北海道の旅





総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介



















広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー