美幌峠からの眺めは本当にすばらしい。35年前初めて訪れたときも快晴だったが、このあと摩周湖に行ったら霧の中だったのを覚えている。
峠に立つと眼下には屈斜路湖が大きく広がっている。その奥には斜里岳・阿寒連峰・摩周岳を眺めることができるのだ。
峠の周辺は緑のじゅうたんが広がっていて、北海道を代表する絶景の地だと思う。


BACK 標津岳

2007年7月3日

明日は北見富士に登るのでカーナビをセットしたら、
150kmほども走らなければいけないのだ。
養老牛から川湯を通って「摩周湖道の駅」に寄り、屈斜路湖の湖畔を走って美幌峠に登ってゆくことになる。もちろん美幌峠に立ち寄った。ここには道の駅ができていた。
美幌峠からの湖の眺めは本当にすばらしい。特に今日は快晴で、湖水は空を映して真っ青である。
この美幌峠は「君の名は」の舞台でもある。湖の左手に高い山が見えたが、これが斜里岳であった。でも摩周湖の近くに聳えるカムイヌプリはよくわからなかった。雲がかかっているみたいで、さすがに「霧の摩周湖」といわれるだけあって、こんな晴れた日なのに摩周湖は雲の中らしい。

この日は丸瀬布の道の駅に泊まった。スーパーで買出しができたので、久しぶりに焼肉をした。ビールがうまかった。


NEXT 北見富士

BACK 北海道の旅


美幌峠のレストハウス


道の駅から屈斜路湖





総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介

















広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー