私の東北の山百選
よもぎだだけ

標高 952m
登山口→5分→レクの森駐車場→1:00→尾根の分岐→15分→蓬田岳山頂→15分→尾根の分岐→45分→登山口

蓬田山山頂には祠があって、その横に山頂標識が立っている。でも、ここが山頂と思ったら間違いで、ここから少し登ったところに三角点があるのだ。そしてその少し奥で展望も開けるのだ。

BACK 二ツ箭山

2005年10月23日

さて、次は蓬田岳に登る。

40kmほど車を走らせる。
行く手に横に長い山が見えてきて、これが蓬田岳である。この山に向かって車を走らせて行くと、左に鳥居があって、そこに蓬田岳登山口という看板が立っていた。
このすぐ前に車を停めた。ほんとうは、ここから少し行くと「ジュピアランドひらた」という観光施設の大きな駐車場があるらしいのだが、路肩が広かったのでここに停めてしまった。
鳥居をくぐって、まっすぐな道を緩やかに登って行く。松並木の間を5分ほど登ると、再び鳥居があった。そこに祠もあったが、右手からも道が合流する。蓬田岳登山口と書かれていて山頂まで1200mの標識が立っていた。
この分岐からすぐのところで沢の流れを渡る。祠があって、水場になっていた。
樹林の中に入ると、しばらくは緩やかな登りであったが、ブナの大木のところからすさまじい急登になった。樹林の中をひたすら登る。途中山頂まで500mの指導標を見たら、ようやく前方に稜線が見えてきた。稜線に向かって急登して、登りついたところには、山頂まで400mの標識があった。
ここから稜線の道になって、ようやく平らな道になった。
樹林の道が明るくなると山頂まで100mの指導標があって、少し急な道を登ったら神社の祠の前に出た。ここには蓬田岳山頂と書かれた白い柱が立っていた。
登り始めて1時間であった。
この祠の後には宝剣が立っていて、さらにその奥にはアンテナが立っている。そちらのほうが高いのアンテナのところまで行ってみた。
祠に引き返して、コーヒーを飲みながらガイドブックを読んだら、ここには1等三角点があると書かれている。大変だ。三角点のところまで行かなかったら、山頂を踏んだことにはならない。もう一度アンテナのところまで行って、三角点を探したが、ない。もう少し奥に行くと、道の左手に三角点があって、蓬田岳山頂という指導標もたっていた。
ここから少しだけ行くと展望の開けたところに出た。大きな岩があって、その向こうに展望が広がっている。空は厚い雲なのだが、視界は開けている。
山頂からは来た道を引き返して、登山口の戻ったのは1時前であった。

明日は二岐山に登る。カーナビでセットしたら70kmほどの道のりである。
須賀川の市街を抜けて、さらに山の中に入って行く。
すごいガタガタの道になって、こんなときは四駆でよかったと思ってしまう。
登山口の前に着いたのは310分である。


NEXT 二岐山

BACK 私の東北の山百選

登山口


山頂まで1200m


すぐに水場のある沢を渡る


樹林の中の急登


山頂まで500m


山頂まで100m





総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介












広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー