標高 1100m
素晴らしい天気の中登山ができた。山頂からは雪の増毛山塊が見えた。
そして、この山にはきれいなお花畑があった。
登山道からピンネシリ山

BACK ピセナイ山

2005年615

静内町から増毛までは遠い。私は長距離を走ってばかりいて、極めて非効率な旅をしている。本当に雪が多いばかりに、当初の計画はズタズタになってしまっている。
静内から苫小牧に行き、ここから北上して札幌市街の東を抜けて行く。
登山口に着いたときは、もう真っ暗であった。

616

林道ゲートがあって、その前に車を停めている。ゲートの横には登山届けポストが立っている。このゲートをくぐって歩き始めたのは735分である。すぐに沢の流れを渡って、少し行くと分岐があった。これが隈根尻コースとピンネシリコースの分岐かと思ったらそうではなくて、林道との分岐なのだ。登山道口への案内に従って右に入る。
私のガイドブックには、林道ゲートからすぐに登山道の分岐があることになっているのだが、今は、ゲートがかなり手前で閉められているのだ。
3kmほど歩いてようやく隈根尻とピンネシリの分岐点に出た。私はまずピンネシリの山頂に登って、それから待根山・隈根尻山と稜線を縦走するつもりである。
左の道をとって、歩いて行く。再び沢を渡る。この沢の流れのおかげで、車では無理なんだろうが、道はじつにしっかりとした道で、この林道が延々と続く。傾斜もほとんどなくて、この山は林道を歩くだけなのかとも思ってしまう。林道には熊の絵の標識が立っていて、そこにはピイネシリ山頂までの距離と標高が書かれている。
朝は雲っていたのだが、登るにつれて青空が広がってきた。うれしい。
山頂まで1.5km・標高741mの地点では完全に青空になった。
展望も開けて、隣の稜線が見える。谷は雲が埋めていた。
この隣の稜線が、実は、私が隈根尻まで縦走しようとしている道なのである。
樹林から抜け出して展望が開け、ピンネシリの山頂が左に見えてくる。登山道はすさまじじく急な登りになって、階段の道になった。これは、ものすごく登りにくい。
すばらしい快晴で、真っ青な空を目指して、この階段の道を登って行く。
稜線に登りついたのは915分である。ここにはおなじみになった熊の絵の指導標がたっていて、標高は950mと書かれていた。ピンネシリの標高は1100mなので、あと標高差で150mである。ここはピイネシリと待根山とのコルで、ここからピンネシリを往復することになる。
見上げるピンネシリはすばらしく堂々とした山である。ワクワクしてくる。
コルから山頂までは30分の登りであるが、この間の登山道に咲く花がものすごくきれいである。お花畑の山なのだ。うれしくなってしまう。このきれいに咲き誇る花たちを眺めながら、急な道を登って行く。
山頂に着いたのは940分である。
すばらしい展望が広がっていた。ただ、登ってくる途中ではまったく見えなかったのだが、この山にはアンテナドームが建っているのだ。地図を見ると、私が登った裏側からは車道も通じているのだ。少しがっかりした。
でも、展望はすばらしい。増毛の山が雪をいただいて聳えている。きれいだ。
私が登ってきた尾根道の先には、これから縦走する待根山、隈根尻山の稜線が見える。
うれしくなってしまう展望である。つくづく、山は晴れていなきゃ…と思ってしまうのだ。
さて、今日の行程はながい。ガイドブックでは7時間40分であるが、林道ゲートが手前で閉まっていたために、1時間半ほど余計にかかる。今日は9時間の歩行なのだ。久しぶりの長距離縦走である。頑張らなくてはいけない。
急な道を下って、コルに着く。ここから登り返して待根山。これはあまりたいした登りではなかった。山頂に着いたのは1035分である。
実は、ここからが長い。隈根尻山までは、急なアップダウンを繰り返して、縦走してゆくのだ。
待根山からは急な道を下る。こんなに下ってしまうのかとため息が出てしまうのだが、しかも本当に急な下りである。
最低コルを目標に歩いて行くが、どこが最低コルなのかよくわからない。そのうちに雪が現れた。この山には雪はないだろうと思っていたのだが、それは甘かった。すぐ傍に聳える増毛山塊は真っ白な雪に被われているのだから、この樺戸山地にも雪が残っていても少しも不思議ではない。
途中で、登山道が雪に隠れて登山道がわからなくなったりした。
登山道は雪がないところでも、植物がまだ芽生えていなくて最近まで雪があったのを思わせる。そんなところには、カタクリの花が咲いていた。
雪の広い尾根を行く。踏み跡をはずさないようにしなければいけない。
1240分、一番川コースの下山路の分岐に着いた。やっとここまで来たか、という感じである。ここから隈根尻山へは往復しなければいけない。15分の行程である。広くて、まばらに樹林のはえる尾根を行く。雪原も歩かなければいけなかった。
山頂には三角点もあって、ここからの展望はすばらしい。
ピンネシリが端正な三角形で聳えていて、その奥には増毛の白い山並みが聳えている。
はるか向こうのピンネシリからここまで縦走してきたのである。満足感でいっぱい。
今日は天気もよくてすばらしい登山が楽しめた。山の神様に感謝。
下山口の分岐に戻って、あとはひたすら下る。
この一番川コースのほうが傾斜は急なようで、意外と短い時間で沢の流れのところまで下りてくることができた。そして、道の整備具合もことらのほうがいいようで、沢の流れを渡るのには、きちんと橋がかかっていた。
ピイネシリコースとの合流点に着いたのは225分、車の前には3時に帰ってきた。
登山は単純な往復ではなくて、縦走すると本当に楽しい。いい山であった。


NEXT 黄金山

BACK 私の北海道の山百選

登山道入り口


隈根尻とピンネシリの分岐


山頂まで1.5km地点


階段の道を登る


山頂への道


山頂直下はお花畑


山頂で記念写真


登ってきた道との分岐


分岐から急降下する


一番川登山路との分岐


隈根尻山頂





総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介



















広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー